新宿メンタルクリニックの特徴

新宿メンタルクリニックの院長 渡邉 壮一郎先生は、うつ病治療の新たな選択肢として、TMS治療を患者さんにすすめています。

精神的な疾患は、医師との問診などを重ねて診断が出るものですが、うつ病治療や検査に「見える化」を取入れていて、脳の機能障害から起こるうつ病の検査の新しい方法を実際に検査に使っています。

新宿メンタルクリニックは東京都新宿区西新宿6丁目にある新宿アイランドタワーにクリニックを開院しています。

最新のうつ病治療機器を63台も揃えた首都圏では最大級のクリニックだそうです。

うつ病の治療と聞くと薬とカウンセリングというイメージですが、TMS治療という方法でうつ病治療機器のニューロスターを使う治療という新しい方法です。

磁気刺激で神経細胞を通じへんとう体に刺激を与えて、脳の機能を取り戻そうとする治療法をすすめる新宿メンタルクリニックがオススメです。

Comments are Closed